【9月といえば】イベントや行事について

残暑の残る9月…
まだまだ暑い日は続きそうですね!

そんな9月ですがイベントや行事などをお伝えしていきます♪♪♪


<防災の日>
9月1日です。

昭和35年に内閣が制定しました。

台風、高潮、津波、地震などの知識を深め、それらの災害に対する心構えを準備するためです。

避難訓練もこれに合わせて行うところも多いですね。


<十五夜>
 旧暦の8月15日を十五夜、中秋の名月と言います。

秋の真ん中に出る満月のことをさし、現在の暦では9月7日~10月8日までに出る満月のことをそう呼びます。

お供えものをして、稲に見立てたススキを飾ります。

もっともきれいに見える月を見ることと、豊作祈願や感謝を表すために行っていました。

子どものころ、月を見てうさぎの話やかぐや姫の話をしませんでしたか。


<救急の日>
 9月9日です。

語呂合わせで、厚生省と消防庁が1982年に制定しました。



<敬老の日>
 昭和41年に制定された国民の休日で、9月15日とされていました。

しかし、現在は9月の第3月曜日に変更になりました。



<秋分の日>
 国民の休日のひとつで、9月23日です。

昼と夜の長さがほぼ同じだそうで、この日はご先祖さまを敬い、忍ぶ日だそうです。

上の敬老の日と休日や仕事の有給などを駆使して、シルバーウィークなるものを楽しんでいる方も最近は多いようですね。



《台風の時期》
 9月と言えば、台風上陸です。

台風シーズンは、8月くらいから本格的に始まっていますが、9月になると日本列島に接近や上陸するものが増えます。

秋の長雨ともいいますので、台風などが重なると、通勤通学にも大きな影響が出る季節です。

最近は、9月になっても30℃を超える日が続いたりしますので、ここのような気候の変化も台風に影響を与えます。


《秋のお彼岸》
 そしてもう一つ、秋のお彼岸です。

「暑さ・寒さも彼岸まで」といいますね、このお彼岸頃になるとようやく暑かった夏の気温が落ち着いてくることが多いですね。

お彼岸は春と秋の年2回ありますが、秋のお彼岸は秋分の日を中日として前後3日をいいます。

お墓参りに出かけて、ご先祖さまを供養しましょう。