コロナと共に

今、新型コロナウイルスの影響で、ご自宅に仕事部屋が欲しいという希望のお客様が増えています。
机をリビング内に設置した場合、かなりのスペースを必要とします。
デスクトップPCを置いた机の大きさは、幅120cm×奥行70cmならストレスなく作業出来るようです。


都心から少し離れた地域には、広々とした売地物件を見つけることができます。
新築戸建では、居室以外にフリースペースを設ける物件が少しずつ増えてきました。
コロナ対策として、玄関入って近くに洗面室がある間取りはポイント高いですね!

新しい住まいの選択肢の幅を広げてみませんか?
検索の条件を変更すると、新しい出会いがあるかもしれません。

購入・売却に関するご相談は、弊社にお任せ下さい。


∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

★プチ情報★

1.住宅ローン控除の適用期間、再延長か?

住宅ローン控除の適用期間は本来10年ですが、2019年10月に消費税が増税されたタイミングで特例措置が実施され最長13年となりました。

しかし特例措置を適用できる期限が迫っているため、新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ住宅需要を回復させるために、
2021年度の税制改正時に住宅ローン控除の期間が再延長される可能性が新聞にて報じられました。
今後の動向、要チェックです!


2020年11月19日
自民・公明党 税制調査会の総会内において、原則20年末までの入居の適用期限を2年程度延長。床面積は現行の50平方m以上よりも狭い物件を含める案が出ている模様です。