建物状況調査(インスペクション)って何?

「建物状況調査(インスペクション)」とは、

国土交通省の定める講習を修了した建築士が、建物の基礎・外壁など建物の構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に生じているひび割れ・雨漏り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。
※瑕疵の有無を判定するものではなく、瑕疵がないことを保証するものではありません。


既存住宅の購入をご検討のお客様が、欲しい物件の調査時点における状況を確認することで、以下のメリットがあります。

①専門家の調査により建物の状況が把握でき、より安心して購入の判断をすることができます。
②購入後のリフォームやメンテナンス等の予定を見込んだ取引が可能となります。


★タルショウ売主の中古物件は、安心の「建物状況調査」を行っております★



参考:国交省 既存住宅インスペクション・ガイドライン